中華の野望に日本の覚悟は

 お祭り騒ぎの米朝首脳会談から2週間が過ぎた。会談直前のトランプ大統領の妙な優形に期待が萎み、日本人にとっては期待外れという声も多く、すでに国民の関心はワールドカップしかない。
 W杯の熱狂の陰で、米国のマティス国防長官が中韓を歴訪、中国では習近平国家主席と会談した。マティス氏はあらためて中国による南シナ海の軍事拠点化を非難し、習氏は「祖先の残した領土は一寸たりとも失えない」と突っぱねたらしい。
 中国はアヘン戦争から大東亜戦争で日本が負けるまで約100年、その間に欧米列強と日本に受けた屈辱と苦しみを100倍にして返してやろうと、国際社会が地獄の大戦を経てようやく手に入れた普遍的正義はまったく価値を認めず、「中華民族の偉大なる復興」に向け突き進んでいる。
 東アジアの覇権はもちろん、米国に太平洋を二分して分け合おうとまでいう。さしあたっての狙いは台湾で、その後は日本の尖閣諸島、さらに沖縄全体をものみ込もうという野望を隠さない。このままの状況が続けばどうなるのか。
 歴史をみると、アテネとスパルタ、大英帝国とドイツ帝国、米国と日本など、既成の超大国と新興国が生き残りをかけて軍拡を競い、最終的に衝突した。米朝会談前後からのトランプ大統領の決断と側近の奔走をみると、いよいよ米国は本丸の中国に本格的な経済戦争を仕掛けたかのようだ。
 先日、沖縄を訪れた台湾の李登輝元総統が中国の脅威を念頭に、日台米の連携、さらに日本の変化(自立)を求めた。変化とは、具体的には憲法9条改正をさすのだろうが、台湾の緊張から米中の戦端が開かれたとき、核を持つ中国を相手に日本はともに戦うのか。その覚悟が問われている。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. このキラキラ 年季がちがいます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る