一生懸命の大切さ

 「おまえ うまそうだな」などの作品で知られる絵本作家みやにしたつやさんは、海外でも講演活動を展開中。国内は全ての都道府県で講演をしたことがあるそうだ。今月17日に御坊市中央公民館で行われた読み聞かせライブ「ほんとうに大切なものは絵本の中にある」では、その辺りのことも紹介されていた。
 数々の講演の中で悔いが残っていることもあるという、みやにしさん。それは一生懸命にやらなかったときだという。一生懸命にやったか、やらなかったか。プロであれば来場者に気づかれることもないと思うが、それでも後悔している。来場者から批判されたわけではなく、全力を尽くさなかった自分に腹が立っているのだと感じられた。この日の講演では「一生懸命やらないと損をする人がいます。それは自分です」と当時の思いを語り、一生懸命にやったときには「本当に疲れるけど、『絵本おもしろかった』っていってもらって本当によかった」と爽快感を話していた。
 「一生懸命」は、どうして大切か。怠けるのはなぜよくないのか。ともに、周囲に〝伝染〟するからだと思う。例えば子ども。子どもは大人を見て育つ。みやにしさんいわく「大人を見てあんなふうになりたいと思う」。自分の子どもが怠惰な自分のように成長したら、どうだろうか。「損をするのは自分」、つまり気持ちの面だけでなく、自分が怠ければ将来の自分に影響してくるということも伝えたかったのではないだろうか。
 周囲にはサボることしか考えていないと思える人もたくさんいる。サボりに流されることなく、自分は一生懸命にやろう。子どもたちを一生懸命に楽しませる絵本作家に接し、あらためて一生懸命の大切さが分かった。   (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る