子ども狙う特殊詐欺

 「タブレット型コンピューターをさくさくと操作する赤ちゃんに紙の本を持たせたら?」という動画が話題になったのも今は昔。動画では1歳の赤ちゃんに紙の雑誌を持たせたところ、誌面を一生懸命ピンチしたり、フリックしたりしようとする。もちろん紙なので何も起きず、赤ちゃんはちょっと不満そうな表情。このように、これからは生まれたときから、または物心ついたころから、パソコンやインターネットがある生活環境の中で子どもたちは育つ。
 みなべ町のホテル&リゾーツ和歌山みなべで先日、御坊広域青少年補導センター補導委員連絡協議会の研修会があり、田辺署生活安全刑事課の特殊詐欺被害防止アドバイザー・松本成生、田原節男の両氏が「特殊詐欺被害防止について~現状と対策」と題して講演した。特に補導委員向けの内容ではなかったと思うが、老若男女が特殊詐欺の被害に遭う可能性があるという例の中で昨年、橋本市の中学1年生がメールで「短時間でお金を稼げる」と誘われ、現金20万円をだましとられた話が紹介されていた。
 「親に相談すると怒られるかも」。子どもにはそんな意識もあるのだろう。ケースは違うが、橋本市で起こったアダルトサイトの登録料や退会料を装った架空請求詐欺は、大人でも他人に言いにくく、特に思春期なら親に相談できないデリケートなところもある。子どもたちを特殊詐欺の被害から防ぐためには、親に気軽に相談できる環境をつくっておくのはもちろん、子どもが親を通さず誰か大人に相談するという知識を教えておくことも大切。間違っても子どもだけでお金を支払って解決しようとしてはいけない。それを教えておく必要があると思った。   (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 世界に「YELL」を届けましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る