日高町で戦没者追悼法要

 日高町社会福祉協議会(寺井陽子会長)の戦没者追悼法要が27日、中央公民館で行われ、遺族や町議、区長、民生児童委員ら約120人が参列した。
 寺井会長は「最愛の肉親を亡くし、悲しみに耐え多くの苦難に立ちながら、家族を守り平和な社会実現へ尽力された遺族に敬意を表します。今の日高町があるのも諸霊の尊い犠牲によって培われたことを肝に銘じ、明るく豊かな郷土をつくる一層の努力をしたい」と追悼の言葉。来賓の松本秀司町長、清水正巳町議会議長、冨安民浩県議は「戦没者の冥福と遺族のご苦労に敬意を表し、先の戦争を教訓に恒久平和を守り抜く努力をしなければならない」などと述べ、参列者が次々と焼香し、英霊400余柱の冥福を祈った。
 町遺族会の山中敏次会長は謝辞の中で、「戦争の愚かさ、平和の尊さを再認識し、悲しみの歴史を二度と繰り返さないよう次の世代へ語り継いでいかなければならない」と決意を新たにしていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 玉に全集中してな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る