みなべ町が梅料理のレシピ本製作へ

 みなべ町は、料理研究家や町内の料理グループが開発した梅料理のレシピ本を製作する。白干し梅を使って簡単にできる料理を掲載し、年末までに5000部を発行する。町内の家庭に配布するほか、梅の加工講習会などで使用する。担当のうめ課では「若者の梅離れが進むなか、梅を身近に感じてもらい、消費の拡大につなげたい」と話している。
 旧南部川村当時の1989年に梅料理研究会の協力で梅料理レシピ本「ヘルシーでおいしい梅料理」を製作したが、内容が古くなったこともあり新しいレシピ本を製作する。昨年、町農業振興協議会が町民を対象に実施したアンケート調査でも消費拡大対策として「梅干しを使ったレシピの紹介を」という意見が多かった。
 掲載する料理の考案については、梅料理研究会、農業振興協議会、南部川生活研究グループ、受領梅遊びグループ、プラムキッチン、JA紀州梅愛隊、南部高校で結成する作製委員会が協力。フードスタイリストの飯島奈美さん(東京)も加わる。飯島さんは2013~14年に放送された連続テレビ小説「ごちそうさん」では全編にわたって料理を担当し、ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞の特別賞を獲得するなど活躍している。
 8月末に、各団体が3~5品程度の梅料理レシピを持ち寄って試食会を開催。その後、飯島さんらのアドバイスを受けながら9月末ごろに掲載レシピを決定する。レシピ本は約50㌻で、梅の機能性、世界農業遺産に登録された「みなべ・田辺の梅システム」などの梅の魅力も掲載する。担当のうめ課では、「若い世帯でも簡単にできる梅料理を紹介し、地域内外へ効果的に発信していきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. ラーメンの湯切りの落下速度は?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る