みなべ梅対策協が食害防止啓発

 梅干しの1次加工品にアカマダラケシキスイの幼虫が混入するのを防ごうと、みなべ梅対策協議会(会長=小谷芳正町長)は21日から農家や加工業者の作業所を巡回する啓発活動を始めた。収穫した梅を水に浸漬することで幼虫が排除されることから「30分以上、水に漬けて下さい」などと対策の徹底を呼びかけている。
 アカマダラケシキスイの幼虫は大きさ5㍉程度。熟した果実を餌とするため、梅の実の中に侵入することがある。仮に食べてしまっても人体には影響はないが、全国的に食品に関する異物混入事件がマスコミで騒がれ、田辺保健所にも消費者から「購入した梅干しの中に虫が入っていた」という苦情があるという。
 排除方法としては、水の中で明るい方向へ移動するというケシキスイの習性を利用し、収穫した梅を30分以上きれいな水に漬ける水浸漬を活用。データでは45分で97%以上が離脱し、1時間以内であれば果実の品質低下にはつながらない。産地では07年からこの取り組みを始め、クレームの減少へ一定の効果がみられているという。ほかに対策として、古い梅や傷んだ梅は園外から持ち出して処分することや虫害果実(穴あき果実)の選果選別を徹底することを挙げている。
 協議会では水浸漬の実施を徹底させるため、14年度から巡回活動を実施。ことしも7月上旬まで計4日間行い、町内約150軒を回る。ケシキスイ対策を適切に行っていない場合は注意喚起を行い、場合によっては販売ができなくなることもあるという。
 初日には田辺保健所、日高振興局農業水産振興課、役場うめ課職員、JA紀州担当者の4人が業者や農家を訪問。水に30分以上漬けているかなどを確認した。協議会では「徹底した安全・安心への取り組みを、地域一丸となって進めていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 2月中旬まで見頃です

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る