通学路の安全をどう守る

 最大震度6弱を観測した大阪北部地震。駅にいた枚方市の友人は「下から突き上げるような揺れだった」と振り返る。荊木市で飲食店を営んでいる友人は無事だったものの、店の中は食器や酒の瓶が散乱して割れるなど被害を受けた。大学生のおいは電車で通学途中に地震に遭い、ストップした電車から降りて線路を歩き、家にたどりつくまで5時間歩いたという。和歌山ではそれほど大きな揺れは感じなかったが、身近な人が影響を受けており、地震の怖さを改めて感じさせられた。
 中でも、倒壊したブロック塀の下敷きになって9歳の女児が亡くなったことは心が痛み、やりきれない。ブロック塀の高さや構造が建築基準法に違反しているとされ、学校で行われた過去2回の安全点検では、このブロック塀が調査対象になっていなかったという。もはや人災と言われても仕方がない。本当に防げなかった事故なのか、疑念は消えない。80歳の男性も、民家のブロック塀の下敷きになって亡くなった。全国的にブロック塀の緊急点検が行われているが、たとえ危険な個所があっても、それが私有地であれば改善は簡単ではないのが現状だろう。それこそ地域ぐるみでの話し合いや取り組みが必要だ。
 小学校に通う子を持つ親として、同じような悲劇が繰り返されないためには、どうすればいいのかと思いがこみ上げてくる。親子で一緒に通学路を歩いて、どこに危険があるか、もし今いる場所で地震が起こったたら、どのルートでどこに逃げるべきか、確認するのも一つだろう。共働きでなかなか時間を取るのは難しいが、授業参観などで集まったときにそんな話をしてみるだけでも、意識は少し変わると思う。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. ちょっと遅くなりましたが

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る