〝命の尊さ〟を学ぶ授業

 日高町の志賀小学校で行われた和歌山県の事業「わうくらす」を取材した。動物愛護について学習するプログラムで、動物とのふれあいを通じて命の尊さを学ぶ授業だ◆命を感じる▽生き物を飼う▽犬と人とのかかわり▽野良犬・ねこ、捨て犬・ねこ▽野生動物とのかかわり▽ズーノーシス(動物由来感染症)、手洗い▽動物のために私たちができること――など12のメニューがあり、今回取材したのは1年生対象の「命を感じる」。「生きてるってどんなことだと思う?」という講師の質問に子ども達は「動く」「息をしてる」など口々に答え、生きている証拠である心臓の音を聞くことに。心音を大きく増幅して皆で聞ける機器を使うと、心臓の鼓動がドラムビートのように響いた。幾分速く、また幾分ゆっくりと、1人1人、少しずつリズムやテンポが違う。子ども達からは、「雷みたい」「音楽みたい」「花火みたい」とオリジナリティのある表現が次々に飛び出した◆「世界は美しい。生命は、ただそれだけで美しい」という言葉をある作品で読んだ。たくさんの命がそれぞれに自分だけの輝きを放っているから、世界は美しい。美しくないもの、あってはならないものは理不尽な死とそれをもたらすものだ。昨今は、信じられないような事件、痛ましい事故で命が失われてしまったという報道に立て続けに接する。なんとも言いようのない気持ちになり、「命の尊さ」という言葉を改めてかみしめる◆授業の後半は犬とのふれあいで、子どもたちは大きなラブラドールレトリバーやゴールデンレトリバー、小さなミニチュアピンシャーなどと笑顔でコミュニケーションをとり、聴診器で心臓の音を聞いていた。それを見ているだけでも、こちらが命の尊さを学べるようだった。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る