スペシャルオリンピックス柔道部会発足

 スポーツを通じて知的障害のある人たちの社会参加を支援する組織「スペシャルオリンピックス日本・和歌山」に、新しい競技となる柔道部会が誕生。23日午後2時から由良中学校体育館で第1回のプログラムを開催する。由良町柔道スポーツ少年団の監督、楠山光一さん(53)=網代=が中心となって進めており、「社会参加のサポートをするとともに、将来は世界大会の出場者が現れることを願いたい」と話している。
 スペシャルオリンピックスはオリンピックやパラリンピック同様、夏季、冬季の世界大会をそれぞれ4年に1回開いている。近年では2017年にオーストリアで冬季大会、19年にはアラブ首長国連邦で夏季大会が開催。世界各国の選手が集まり、日本人選手も各大会で活躍している。
 楠山さんは柔道指導歴約20年。社会福祉施設で働く教室生からスペシャルオリンピックスの話を聞き、以前から「柔道で社会貢献したい」と考えていたことから県内8競技目となる柔道部会の立ち上げを決意し、部門の代表となるヘッドコーチとして広島県で開かれたプログラムの視察などを行い、準備を進めていた。
 今回のプログラムに先立ち、4月にはアスリートや保護者、指導者向けの体験会を開き、各施設などへのチラシ配りを行った結果、アスリート16人含め約60人が参加。関心の高さを実感した。23日のプログラムには、日高地方の中学生含め7人が参加予定。柔道着を着て畳の上でゲームを行ったり、礼法や簡単な練習などを通じて、柔道の楽しさを伝える。
 世界大会に出場するためには国内で全国大会の開催が必要。全国大会には6都道府県の参加が必要だが、現在柔道は神奈川、広島、大阪含め4府県しかなく全国大会が開けないため、世界大会には出場できていない。近年になって全日本柔道連盟がバックアップし始め、近く千葉など数県で設立への動きがあるなど、機運が高まっている。
 楠山さんは「知的障害がある人にもさまざまな可能性を与え、チャレンジする機会の一つとして柔道を知ってもらいたい。柔道を通じて自立や社会参加への助けになれば」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. これで初日の出も安全

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る