W杯を楽しもう

 4年に1度のサッカーの祭典、ワールドカップ(W杯)ロシア大会が幕を開けた。開幕戦はFIFAランキング70位で出場32カ国中最下位のロシアと同67位でブービーのサウジアラビア。「ホスト国史上最弱」といわれていた開催国が5得点のゴールラッシュで大勝し、ニュースでも取り上げられていた。
 2日目はグループB屈指の好カードとなったポルトガルとスペインの一戦があった。ポルトガルはサッカーに興味がない人でも知っているだろうクリスティアーノ・ロナウドがスタメン出場。スペインにもヴィッセル神戸に加入したアンドレス・イニエスタらスター選手が先発に名を連ねた。眠い目をこする間もなく寝落ちしてしまったが、試合はロナウドのハットトリックもあって3―3のドロー。前評判を裏切らない激戦だったようで、あとで録画を見るのが楽しみだ。
 開幕前、「ワールドカップは盛り上がっているのか」という話になった。日本代表は大会直前にバヒド・ハリルホジッチ監督が突如解任され、西野朗氏が新監督に就任するというドタバタぶり。西野監督就任後の試合もガーナ戦、スイス戦とも無得点で2連敗を喫した。開幕前最後のパラグアイ戦を4―2で新体制後ようやく初勝利を収めたが、どうだろう。前回のブラジルW杯で予選リーグ敗退して以降、期待感が薄れてきたように感じる代表チーム。監督の解任劇や直近の試合結果が輪をかけ、期待度や注目度がともに下がっているように感じる。
 しかし、せっかくの4年に1度の〝お祭り〟。楽しまない手はない。19日に行われるコロンビア戦に勝利すれば一気に盛り上がるはず。「頑張れ、ニッポン」。前評判を覆す活躍に期待したい。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ見にいらしてください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る