JA紀州が全国巡り漬け梅講習

 特産の南高梅が収穫シーズを迎え、JA紀州(久保秀夫組合長)は全国各地で漬け梅講習会や店頭販売などを展開している。農家の女性らで結成する「梅愛隊」やJA職員ら約50人が4月下旬から6月下旬までフル回転し、約100カ所を巡回。漬け梅講習会では消費者や販売関係者ら4000人の参加を目標としており、消費拡大に取り組む。
 同JAでは毎年全国各地で講習会等を展開。ことしも4月24日のJAおきなわ名護支店からスタートし、最終の6月24日まで全国各地を巡回する。漬け梅講習会では、2004年に結成した梅愛隊のメンバー、JA梅の郷支店、JA印南支店の職員らが一般消費者、市場や店舗担当者らを対象に、梅干し、梅ジュース、梅ジャムづくりを伝授。店頭では梅ジュースの試飲などで販売につなげている。食育にも力を入れ、小中学生らに梅の機能性などをアピール。消費者や販売関係者らには「本場の梅産地の農家女性やJA職員が指導してくれるのでわかりやすい」と好評で、漬け梅講習会の受講人数は年々増加しており、おととしは2486人、昨年は3335人だった。ことしは4000人を目指している。消費者からは「梅酢、梅干しなどを使った梅料理も教えてほしい」という声も強いという。梅の郷支店の佐々木教人支店長は「梅の消費拡大はもとより、産地のイメージアップや世界農業遺産みなべ・田辺の梅システムの認知度を高めることなどにもつなげていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る