ついにオリーブ結実

 自宅の鉢植えで栽培してことしで4年目を迎えたオリーブの木が、例年に増して元気である。これまでは枝があまり伸びず、ちゃんと生きているのかどうかよく分からないような状況だったが、ことし2月、背丈を思い切って短くしようとばっさりカットし、枝もすかすかになるようにせん定。すると4月ごろから新芽がたくさん出てきて、ぐんぐん伸びてきた。さらに2鉢あるうち、これまでは1鉢の方しか花が咲かなかったが、今回は初めて2鉢そろって開花した。
 オリーブは違う種類同士の受粉でようやく実がなるので、筆者も違う種類を育てている。ようやくの開花に、インターネットなどで調べた浅い知識を基に、一方の花をちぎってもう一方の花に擦り付けるようにしてみた。本来はハチが花粉を運んでくれればうれしいのだが、咲いた花の数が数輪だけと少ないので、人工授粉の真似ごとを試してみた。現在、花は全て散り、なんと5㍉ほどの実がわずか2つ、ついにできた。このまま順調に育ってくれるのだろうか。
 そんなオリーブだが、オイルが健康によいことを多くの人が知っていると思う。でも原料となる実も健康によく、特定の症状にはオイルよりも効果的だというのはあまり知られていないのではないだろうか。主な栄養成分はオレイン酸、ビタミンE、食物繊維、βカロテンで、食物繊維とβカロテンは実の特有の成分。効果、効能としては生活習慣病の予防や便秘の解消のほか、女性にはうれしい美肌効果やアンチエイジングなどもあると聞く。筆者は、観賞用に楽しむ目的もあるが、元々は実が食べたいから始めたオリーブ栽培。秋の収穫時期を待つ小さな楽しみが増えた。   (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る