飲酒運転をさせない

 人気グループのメンバーが女子高校生への強制わいせつ容疑で書類送検され、話題になった事件。本人は会見で、酩酊した上で自宅に少女を招き、無理やりキスを迫ったことを認めていたが、酒を飲んで覚えていないとも語っていた。
 酒の話で言えば、全国で飲酒運転による痛ましい事故が後を絶たない。昨年、県内の交通死亡事故に占める飲酒運転が絡んだ割合は17・1%。全国ワースト1位だった。35件の死亡事故のうち6件が飲酒運転。全国平均の6・3%を大きく上回っている。県内に公共交通機関が発達していないことも一因とみられているが、そんなことは言い訳に過ぎず、個人のモラルの問題だろうと思う。
 御坊署によると、ことしこれまでの酒気帯び運転容疑による逮捕は7件。うち4件が事故で発覚しているという。先日、公務員に対する飲酒運転防止の研修で警察官が「飲酒運転は故意で、悪質な犯罪。飲酒運転しようというのは甘えがあるから」と指摘。「積極的に情報提供したり、根絶のサポーターになってほしい」と呼びかけていた。飲酒運転も不審者と同じ。何か起きてからでは遅く、積極的に通報すべきであると思う。
 多くの犠牲者が出て厳罰化も進むなか、飲酒運転はどうしてなくならないのか。車で飲みに行き、運転して帰ろうとは誰も思っていない。そう信じたとすると、お酒を飲んで気が大きくなったり、正常な判断ができなくなってのことだろう。以前、酒を飲んだあとに車を運転しようとする友人をなだめたことがある。いくら自己責任だと言っても、やめさせるのが友情だと思ってのこと。飲酒運転をさせない関係を築くことも大切である。 (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る