飲酒運転をさせない

 人気グループのメンバーが女子高校生への強制わいせつ容疑で書類送検され、話題になった事件。本人は会見で、酩酊した上で自宅に少女を招き、無理やりキスを迫ったことを認めていたが、酒を飲んで覚えていないとも語っていた。
 酒の話で言えば、全国で飲酒運転による痛ましい事故が後を絶たない。昨年、県内の交通死亡事故に占める飲酒運転が絡んだ割合は17・1%。全国ワースト1位だった。35件の死亡事故のうち6件が飲酒運転。全国平均の6・3%を大きく上回っている。県内に公共交通機関が発達していないことも一因とみられているが、そんなことは言い訳に過ぎず、個人のモラルの問題だろうと思う。
 御坊署によると、ことしこれまでの酒気帯び運転容疑による逮捕は7件。うち4件が事故で発覚しているという。先日、公務員に対する飲酒運転防止の研修で警察官が「飲酒運転は故意で、悪質な犯罪。飲酒運転しようというのは甘えがあるから」と指摘。「積極的に情報提供したり、根絶のサポーターになってほしい」と呼びかけていた。飲酒運転も不審者と同じ。何か起きてからでは遅く、積極的に通報すべきであると思う。
 多くの犠牲者が出て厳罰化も進むなか、飲酒運転はどうしてなくならないのか。車で飲みに行き、運転して帰ろうとは誰も思っていない。そう信じたとすると、お酒を飲んで気が大きくなったり、正常な判断ができなくなってのことだろう。以前、酒を飲んだあとに車を運転しようとする友人をなだめたことがある。いくら自己責任だと言っても、やめさせるのが友情だと思ってのこと。飲酒運転をさせない関係を築くことも大切である。 (笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力が満載

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る