梅の日に小中学校で梅干しおにぎり

 日本一の梅の産地みなべ町で「梅の日」の6日、この日に梅干しおにぎりを食べる取り組みが展開された。新たな習慣づくりへ3年目で、町内8小中学校や保育園の給食で子どもたちが梅干し入りのおにぎりを作って食べたほか飲食店、宿泊施設、スーパー、コンビニに協力を依頼し、まちを挙げてPR。小谷芳正町長は「全国的な定着に向けて産地から発信していきたい」と力を込めていた。
 町では2014年10月1日に紀州南高梅を使ったおにぎりを推奨する「梅干しでおにぎり条例」を施行し、15年6月6日には梅を積極的に食べて健康管理・増進に努めようという「梅で健康のまち宣言」を実施。将来的に節分に食べる恵方巻きや土用の丑に食べるウナギのような国民的行事にしようと、町農業振興協議会の提案で16年から「6月6日の梅の日に梅干しおにぎりを食べる」という習慣づくりに取り組んでいる。
 ことしも町内5小学校と3中学校の給食で児童生徒が実践。ご飯には同町と交流がある新潟県南魚沼市の南魚沼産コシヒカリ、梅干しは町内5つの農業団体でつくる「アグリ5」提供の南高梅干しが使われた。上南部小学校(湯川三生校長、児童232人)では2年2組の教室を小谷町長が訪問。「梅を食べて元気いっぱい勉強や運動を頑張ろう。梅に感謝して残さずにね」と声をかけた。児童はそれぞれ自分で握って「パクッ」。大きな口を開けてほお張っていた平井煌人君(7)は「梅干しは2日に1回ぐらい食べるます。甘いのも酸っぱいのも好き」と元気よく話していた。
 愛之園保育園(神谷羊子園長、園児59人)でも給食に「梅かつおご飯」が登場。4、5歳児は食品用ラップフィルムを使い、職員が提供した梅干しの実とかつお節の「梅かつお」をご飯に入れて握った。「ギュッ、ギュッ、ギュッ。おいしくなあれ」。かわいらしく作って食べ、年長の西端唯李ちゃん(6)は「梅干しは好きです。家でもご飯に乗せて食べるよ」と話していた。
 このほか、町内の飲食店や宿泊施設で梅干しおにぎりをメニューに加えたり、スーパーやコンビニには特設コーナーを設けたり、普段より多く扱ってもらえるよう依頼。チラシを全戸配布してPRした。

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じやで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る