少年メッセージ 太田君ら県大会へ

 中学生が日ごろ考えていることや感じていることを発表する「少年メッセージ」の日高地方発表大会(日高地方青少年育成県民運動推進委員連絡協議会主催)が3日、日高川町高津尾の日高川交流センターで開かれ、美山3年の太田奨馬君、丹生2年の柏木こころさんが優秀賞。7月28日から和歌山市民会館で開かれる県大会へ出場する。
 日高地方の20中学校20人の生徒がそれぞれ発表した。
 太田君のテーマは「受け継ぎ守りたい」。祖母がいつも使う「毎度おおきに」という言葉を、関東に住む親せきが「古臭い」といったことをきっかけに、ふるさとの言葉について考えるようになった。その中で、昔の言葉には人を思いやる気持ちや気遣う気持ちが込められているということを知り、「『毎度おおきに』という言葉を日常的に使う人は少なくなってきているが、だからこそ人を大切にするふるさとの言葉を守り、しっかり受け継いでいきたい」と述べた。
 柏木さんのテーマは「愛をつなぐ」。熊本県の「赤ちゃんポスト」の存在を知り、愛されない赤ちゃんがいることが許せない気持ちになるとともに、手放した母親もたくさん悩み、苦しみ、こうすることが赤ちゃんに対してできる精いっぱいのことだったのだろうと考察。「将来は助産師になり、助産院にはたくさんの花を植えて、不安や苦しみを抱えるお母さんそのものを愛してあげたい。そうすることでお母さんも赤ちゃんにしっかり愛を注いであげられるのではないでしょうか。この世界から少しでも悲しい思いをするお母さんや赤ちゃんをなくしたい」と訴えた。2人とも「とっても緊張しました。県大会でも頑張りたい」と話している。
 県の文集に掲載される奨励賞には大成3年の殿村優さん、早蘇2年の玉置文美さん、湯川2年の津村采音さんが選ばれた。

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る