県高校総体ホッケー 紀央館女子が4連覇

 県高校総合体育大会ホッケー競技の部は1日から3日までの3日間、日高町のマツゲンスポーツグラウンドであり、女子の部で紀央館が4年連続8回目の優勝。インターハイ近畿地区予選(15~17日、京丹波町)への出場を決めた。男女とも3校のリーグ戦。紀央館女子は一冬越えて課題の決定力が大きく向上。2試合で計14点を奪って和歌山商、田辺を圧倒した。紀央館男子は0勝2敗の悔しい結果に終わった。
 男女両部門とも優勝校がインターハイ近畿地区予選へ進み、上位2校が近畿高校選手権大会(7月14~16日、茨木市)に出場する。
 紀央館女子は和歌山商に12―0、田辺に2―0で快勝した。和歌山商戦は則岡と上山が3点ずつ、深海と川口が2点ずつたたき込み、西川と山田がそれぞれ1得点。田辺戦は17分に平松知奈、38分に深海がゴールを決め、力の違いを見せつけた。1月の新人大会は優勝したものの、田辺と0―0(SO戦で勝利)。昨年からレギュラーの則岡、上山、山田、深海らが成長、持ち前のパスホッケーにも磨きがかかり、課題の決定力不足を払しょくする見事な攻撃を発揮した。
 喜多英登監督は「これまで引き分けや1点差の試合が多かったが、今大会は、いい形で攻めることができた」と4連覇を達成した選手たちをたたえ、2007年以来11年ぶり2回目のインターハイ切符を目指して挑む近畿地区予選へは「ここ数年、あと一歩のところで悔しい思いをしているが、年々、差は縮まってきていると感じる。昨年12月に全国大会に出場し、選手も高い意識を持って練習してきており、今度こそ何とかしたい」と力を込めた。
 紀央館男子は箕島に0―9、田辺に0―3で屈し、3位。閉会式では個人賞の表彰もあり、紀央館勢は女子の則岡美柚選手が優秀選手賞、男子の寺坂直哉選手が敢闘選手賞を受賞した。紀央館女子のメンバーは次の皆さん。
 平峠衣梨(部長)、喜多英登(監督)、中尾年博(コーチ)、上久保晴加、平松知奈、神山あゆ、西谷渚、林美侑、西川陽香、則岡美柚、深海舞羽、上山真緒、川口海里、山田真子、藪安里、石原奈佑、清水麻衣、平松楓、小早川恵利佳

関連記事

フォトニュース

  1. このキラキラ 年季がちがいます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る