オープンから1年になります

 御坊市が、安心して子育てできる環境づくりを目指して昨年6月1日、市役所2階に開設した御坊市子育て世代包括支援センター「にっこりあ」が、1年間の利用状況をまとめた。利用件数は1300件を超え、1カ月平均116件となり、好評ぶりをうかがわせている。育児不安や授乳など子育てに関する悩み相談が多く、妊産婦の不安解消に大きな役割を果たしているといえそうだ。
 国が2015年に策定した少子化社会対策大綱では、地域の実情を踏まえながら全国で子育て世代包括支援センターの開設を目指すとしており、昨年、日高地方ではトップを切って設置した。
 妊娠、出産、子育て期をサポートする拠点で、不安や悩み、困りごとなどさまざまな相談に、保健師や助産師らがアドバイス。出産前後の訪問活動や各福祉機関との連携などで切れ目のない子育て支援を展開している。
 総利用件数は1392件。窓口での妊娠届や出生届の受理、来所相談、電話相談を受け付けているほか、助産師が産前産後1カ月の間に訪問してアドバイスを送っている。
 相談は子育てに関わることが圧倒的で、「首が据わっているか見てほしい」「微熱があるが、受診した方がいいのか」「授乳がうまくいかない」「卒乳したいがどうしたらいいか」などが多く、率直な不安や悩みを相談できる場として利用されている。
 相談者のプライバシーを守るために専用の相談室も設けており、約14平方㍍の広さに、カーペットとじゅうたんを敷き、テーブルを置いて気軽に話ができるようにアットホームな雰囲気。絵本や遊び道具、クッションなどもあり、子どもを遊ばせながら気軽に相談できるように工夫しているのも、利用が多い要因の一つといえそうだ。にっこりあでは「毎月100件以上の利用があり、浸透してきたと思います。出産や子育てには不安や悩みが必ずあると思いますので、どんなささいなことでも気軽に相談してほしい」と呼びかけている。

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る