歴史資料充実のゆら伝承館

 由良町の旧白崎中学校にオープンしたゆらふるさと伝承館での展示物が大変充実しており、見応えがある。
 地元住民から寄贈を受けた軍服や虚無僧関連の資料、明治時代の地元実業家由良守応氏の写真のほか、農具、民具、漁具、埋蔵文化財など9000点余り。貝博士こと故神田耕一郎さんから寄贈を受けた貴重な貝殻コレクションや大野治さん寄贈の全国各地の小絵馬314点、故岩崎芳幸さん寄贈のふるさと変貌写真などもある。中には紀州の葵紋付き長持や昔のひな人形一式、ユニークな松の古木を使った由良町の年表なども。さらに、専門家もうならせるほどの歴史図書が一堂に集められている。
 これまでも同校で保管し、見学はできるようになっていたが、町では、管理条例を制定して「ふるさと伝承館」としてオープン。展示内容を見ると、同町だけでなく、もっと広い地域の歴史を伝える貴重な資料としての価値が十分にあるように思う。由良町には興国寺や白崎海洋公園、戸津井鍾乳洞などの名所やクエ鍋、しらす丼、最近オープンしたそば処などのおいしい食事があり、観光地として売り出しているが、ふるさと伝承館も観光ルートに組み込めば、より一層充実した旅行を提供できるのではないだろうか。
 また、先日地元ジュニアリーダークラブの子どもたちがふるさと伝承館を訪れたが、こまなどの昔の遊びコーナーが人気だったという。町の歴史を知るきっかけに、学校の社会見学でふるさと伝承館を訪問してもいいかもしれない。
 教育委員会の許可を得れば、入館料無料で見学できる。ぜひ一度足を運んでみてはいかがだろうか。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る