ねんりんピック健康マージャン 10月にリハ大会

 来年11月9日から和歌山県内21市町村で27種目が行われる第32回全国健康福祉祭和歌山大会「ねんりんピック紀の国わかやま2019」へ向け、健康マージャンの会場となっている御坊市は28日に実行委員会の常任委員会を開き、ことし10月21日に開催するリハーサル大会の要綱を決めた。会場は4ブロックに分かれ、それぞれに「舞妃蓮」などの愛称をつけることにしており、花のまち御坊もアピールする。
 リハーサル大会は、本番と同じ市立体育館で午前10時から開催する。200人の募集は、7月2日からスタートする。
 マージャン卓は、大洋化学㈱の全自動卓を使用する。ねんりんピックのために開発した、配線の必要がないバッテリー式の全自動卓となっている。対局は50分打ち切りの東南回しで半荘4回戦行う。持ち点3万点で、得点のほかに加減法による順位点を加算する。主なルールは、クイタン、ナカヅケ、アトヅケあり。形式テンパイを認め、フリテンリーチもあり。来年の本大会に出場する県代表選手選考会も兼ねており、上位16人が出場権を獲得。選手団は24人で、残り8人は来年6月に開催される紀の国いきいき健康長寿祭健康マージャン交流大会で選考される。
 対象は県内在住で、来年4月1日で59歳以上。応募はファクスか郵送で受け付ける。応募用紙は市のホームページからも印刷できる。締め切りは9月21日だが、定員に達し次第締め切る。応募は〒644―8686、御坊市薗350、ねんりんピック推進室へ。ファクスは0738―52―7502。問い合わせは℡0738―52―7501。
 試合は、会場内を4つのブロックに分けて行われることになっており、各ブロックには御坊オリジナルの愛称を命名。御坊生まれのハス「舞妃蓮」、市の花「小菊」、全国屈指の出荷量を誇る「スターチス」、市の花木「はまぼう」と名付けており、本番では全国から集まってくる参加者らに花のまちをPRする。
 常任委員会では開催要項等を承認。常任委員長の龍神康宏副市長は「リハーサル大会、本番とも成功へ協力をお願いします」と呼びかけた。

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る