100回大会、最高の夏に

 第100回記念の夏の甲子園出場が争われる全国高校野球選手権和歌山大会の開幕(7月11日)まで、1カ月を切った。本紙でも記者3人が、エリア内7校のチーム紹介特集へ取材にとりかかった。大きな節目となる今夏の紀三井寺。どんなドラマが待っているのか、いまから楽しみだ。
 昨年夏の和歌山大会は紀央館の大活躍が記憶に新しい。ノーシードながら5年連続の初戦突破で勢いに乗り、前評判を覆して伝統校や強豪校を次々と破った。準決勝までの4試合では延長10回サヨナラ勝ちを含めて1点差勝ちが3度と粘り強い戦いぶりが光り、決勝では智弁和歌山に2―3で惜敗したものの、1点を追う最終回、1死からの3連打で満塁と攻め立てて甲子園常連校を追い詰めた。最後は遊直併殺でゲームセットだったが、痛烈な打球に一瞬「やったぞ」と立ち上がりそうになったこともはっきりと覚えている。
 地元勢はとにかく夏の甲子園が遠い。このコラムでも毎年紹介しているが、1999年から2004年までの6年連続準優勝(99~01年南部、02年日高中津、03年国際開洋二、04年日高)、5年前の南部、昨年の紀央館をはじめ、平成になってからだけでも実に14回決勝に進出しているが、82年の南部以降、夢舞台の土を踏んでいない。記者になって22年の間、歓喜の瞬間を記事にしたことがないというのは本当に残念である。
 1年前の銀メダルは、公立校でも最後まであきらめず、やればできると、多くの高校球児たちにやる気と勇気を与えるものであったと思う。この夏、選抜準優勝の智弁和歌山が立ちはだかるが、自分たちの力を信じて全力プレーで挑み、過去99回を超える最高の夏にしてもらいたい。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力が満載

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る