日高町が「消防団応援の店」導入検討

 地域住民の生命と財産を守るため昼夜を問わず活動する消防団員を支援しようと、日高町消防団や事務局などが「消防団応援の店」の新制度導入を検討している。町内で登録した飲食店や小売店が、団員限定で割引や増量などのサービスをする取り組み。団員へのサポートはもちろん、事業所側にとっても宣伝効果などが期待できるという。
 消防団員はそれぞれ仕事をしながら日頃訓練をし、自然災害などの際に出動している。そんな団員に「お疲れさま」の気持ちを込めて割引などのサービスを行おうと、全国的に消防団応援の店の制度が導入されている。消防庁が推進する全国版、市町村が要綱を独自に作成する地方版がある。和歌山県内に全国版はなく、田辺市や那智勝浦町が独自に要綱を作って導入。「飲食店の100円引」「米販売10%増量」「宿泊料2割引」などのサービスが行われている。
 日高町では、前消防団長の田端惠次氏から「団員の身分にプラスアルファとなることをしてほしい」などの要望があり、事務局とも協議しながら、「消防団応援の店を導入してはどうか」という話になった。全国版ではなく、町が独自に要綱を作成する地方版の制度を考えている。事務局によると、団員は現在90人。制度を導入すれば、団員がお得な上に後継者不足解消の一助にも。事業所側は団員を応援していることで店のイメージアップになり、ホームページや広報で応援店として紹介されることからPRや新たな顧客発掘につながるメリットもある。
 導入に向けては、町内事業者の協力が不可欠。事務局では去る24日の商工会総会で出席した事業者にアンケートを取ったところ、賛成が多く、反対はなし。今後、再び消防団の幹部会などで協議し、実施主体となる町とも調整している。
 いまのところ導入時期は未定となっているが、前向きに進んでいきそうだ。

関連記事

フォトニュース

  1. 日高のサバで日本一になるぞ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る