みなべの高城トンネルが貫通

 みなべ町土井地内、町道高野沼川線改良工事に伴う「高城トンネル」(仮称)の貫通式が28日に現地で行われ、工事関係者や地元住民ら約60人が鏡開きなどのセレモニーで祝った。トンネルの延長は226㍍(全幅9㍍)。式では吉本正二副町長が「地域の生活道、子どもたちの通学路として重要な道路。無事完工となるよう、よろしくお願いしたい」とあいさつした。来年度中の供用開始を目指す。
 現場は高城小学校から南へ約100㍍。現在の高城トンネルは1972年に完成、建設後46年が経過して老朽化が進んでいる。車道幅員は4㍍程度(1車線)と狭く車の対向が困難なうえ歩道がなく通学路としても危険な状態。2014年5月には高城区長会から改良を求める嘆願書も提出されていた。町では15年度に事業採択し、ことし2月16日から掘削に着手していた。今後は取り合わせ道などにも取りかかる。
 貫通式では施工の青木あすなろ・杉谷産業特定建設工事共同企業体のほか、地元住民や行政関係者らも出席。重機で最後の掘削が行われると、開いた穴から坑内に光が差し込み、大きな拍手が上がった。塩、酒、米で清めの儀式が行われ、鏡開きで待望の貫通を祝った。公務で出張中の小谷芳正町長に代わって吉本副町長があいさつし、「トンネル工事は危険と隣合わせで、少しの気の緩みが大事故につながりかねないが、安全管理を徹底して施工された作業員の皆さんには敬意を表します。今後も無事完工するよう、よろしくお願いしたい」と述べた。近くの高城保育所園児や高城小学校児童も貫通の様子をトンネルの外から見学。「貫通おめでとう」と書いたパネルと一緒に記念写真を撮るなどした。

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る