おんぱくに習う人づくり

 御坊に落ち延びて命を助けられた会津藩士の山川浩と、旧小松原村の中野家が150年前に交流を深めていた逸話は昨年から多くの人の知るところとなり、心温まる話は何度聞いても気持ちがいい。去る16日には会津若松市の室井照平市長が和歌山市の会合に参加した合間を縫って、御坊まで足を運んで柏木征夫市長に、山川ゆかりの品の寄贈を受けたことに礼を述べた。わずか10分程度の懇談だったが、室井市長の気さくで律儀な人柄が伝わるには十分な時間で、今後、交流が深まっていくことが感じ取れた。150年前の縁とはいえ、またネット社会の中であっても、こうした人と人の触れ合いから新たな交流が始まり、深まっていくのだとあらためて感じた。
 人の触れ合いや出会いをテーマに1か月間開催された御坊日高博覧会が、終了した。4年目のことしも昨年とほぼ同じ2000人余りの人が参加して大好評だったことを考えると、おんぱくが地域に浸透した表れで、安定期に入ったといえるだろう。来年は過去最高の70プログラム、30おんぱくレストランを目標に掲げているほか、期間限定ではなく年中参加できるプログラムを商品化して観光振興につなげる取り組みも始める。まだまだ伸びる要素のあるイベントだと思うと楽しみだ。
 おんぱく結果報告資料によると、ことし新たにパートナーとなったのは16人。第1回は32人、2回は28人、3回目22人で、合計98人を発掘していることがおんぱくの一番の成果だと思う。人こそが魅力であり、地域資源であることは、おんぱくや、150年前の会津と御坊の交流からも見て取れる。地域づくりは人づくりから。おんぱくの果たしている役割は大きい。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る