一時代を築いたアイドル

 物心ついた頃からかなり長い間、西城秀樹が男性アイドルの代名詞だった世代である。スタンドマイクを振り回す激しいアクション、ハスキーな歌声とともに、何曲かは歌詞もよく覚えている◆代表的な曲は、なんといっても1979年の「ヤングマン」。TBSの「ザ・ベストテン」では最高得点の9999点を2週連続で獲得した。昭和8年生まれで歌謡曲など嫌いだった母が、この曲だけは「元気いっぱいで、見ていて気持ちがいい」とすっかり気に入っていた◆63歳という若さでの突然の訃報に驚き、あらためてインターネットで経歴などを調べてみて、この曲が世に出るまでにはご本人の相当の苦労があったことを知った。レコーディングに訪れたロスでカーラジオから流れる原曲に心を奪われ、「カバーしたい」とレコード会社に直訴。しかし原曲のイメージが「アイドルがうたうようなものではない」と、全く取り合ってくれない。当時は所属事務所やレコード会社の力が圧倒的に強く歌手の希望が通ることは少なかったが、彼は絶対諦めず「歌詞を若者への応援歌に変え、タイトルを『ヤングマン』にする」ことを考案。何度もレコード会社に足を運んで談判した。「Y・M・C・A」の4文字を全身で表現することも自身で考えたそうだ。そしてリリース後たちまち火がつき、大ヒット。周りの態度も一変したという◆2003年、11年と2度、脳梗塞を発症。リハビリする姿をあえて隠そうとせず「同じ病気に悩む人に励みにしてもらえたら」と話していたとのこと。一つの時代を築いたアイドルとしての存在感を、今も人々のために使っていたのかと思うと頭が下がる。あの「Y・M・C・A」をリアルタイムで見た記憶が一つの財産に思えた。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る