アールブリュット推進協が新ビジネス提唱

 御坊市島の倉庫カフェWAWAWAを拠点に活動しているNPO法人ワークス・アールブリュット推進協議会(玉置徹代表)は、アートで社会貢献する新しいビジネスの形「アブリ・サポーター」制度を発案、提唱している。アブリに会員登録し、同協議会のオリジナルブランド「わわわ」商品を企業等に販売・レンタルすれば活動費を支払う仕組み。アブリ、アールブリュット作家、企業みんなが少しずつ幸せになれる、新しい仕組みとして注目されそうだ。
 アブリは、アールブリュット(生の芸術)を通して社会貢献活動を行う人という意味を込めて玉置代表が作語した「アールブリスト」の略語。無理なく社会貢献しながら収入も得たい、自分らしい働き方や生き方をしたい、これまでの経験や学んだことを生かしたい――がアブリのコンセプトとなっている。
 まずはアブリに登録することからスタート。登録料無料、年会費1000円で会員登録後、同推進協議会が販売やレンタルを行っているアールブリュット作家が描いた絵画や、絵画をプリントしたTシャツやバッグ、仮面などの商品を知り合いの企業や店舗に紹介し、成約すれば10%を活動費として支払う。自身が商品を購入するときは10%引きとなる特典もある。わわわブランドの商品は、販売やレンタル料の一部を作家に還元しており、作家にとっては収入アップになる。会員から紹介を受けた企業や店舗は卸価格で商品を仕入れることができ、社会貢献にもなるほか、同協議会ホームページでアブリ企業として紹介してもらえる。アブリ、作家、企業の3者それぞれにメリットがあり、「みんなで少しずつ幸せを分け合う仕組みが、アブリ・サポーター制度」(玉置代表)となっている。
 今月25日から28日まで東京渋谷区で開催する「わわわアールブリュット東京コレクション」で会員登録をスタートさせる。玉置代表は「アブリになれば社会貢献しながら収入を得られる。推進協議会に入る収益は少なくなりますが、多くの人にサポーターになってもらうことでアールブリュットのことを知ってもらうことになるし、販売数が増えれば増収にもつながる」とまずは多くの人に浸透することを願っており、「社会性、事業性、新しい仕組みという革新性があり、経済産業省が推奨するこれからの『ソーシャルビジネス』の形になります。ぜひアブリを増やしていきたいので、気軽に声をかけてほしい」と話している。連絡は同協議会℡0738―52―7878。

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る