指導者の自覚も資格もない

 日大アメフト部員の悪質タックル。日大の監督はけがをした選手らに謝罪のうえ、監督を辞任したが、自身の指示については言葉を濁したまま。22日にはタックルをした選手が顔も名前も公表して記者会見を開き、監督とコーチの指示があったことを明らかにした。
 テレビで繰り返される試合の映像は何度見ても気分が悪い。相手選手がパスを投げ、プレーが中断し、脱力した選手の背後から低い姿勢で猛然ととびかかっている。故意の反則であるのは間違いなく、直後にも同じ選手が複数の反則をした。
 無防備の人間に背後からタックルをすればどうなるか。選手はもちろん、アメフト経験のない人でも大けがをする可能性があることは分かる。もし脊髄を損傷でもすればその人と家族も巻き込み、人生をぶち壊してしまう。
 前監督は「違反をしろとはいっていない」というが、自らの口で自らの指示を否定せず、カメラの前で経緯を説明できないでいる。チームの責任者としての自覚がまるで感じられず、関学関係者、被害者の家族らの怒りも当然で、刑事告訴という流れもやむをえまい。
 日大の学生数は約7万人で日本一。今回の問題はアメフト部だけにとどまらず、就職活動真っただ中の学生にも風評被害が出ているという。それほどに、情報ビッグバン社会のネットとSNSの発信力は凄まじく、名門チームの指導者でありながら、その影響力の大きさに気づいていないのだろう。
 あの数十秒の映像に、チームの素顔がうかがい知れる。自身の言動を説明するのに何の調査を待つ必要があるのか。選手と学生を守り、大学の名誉をこれ以上傷つけないためにも、前監督、コーチ、大学は一刻も早く会見ですべて説明を。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る