戸津井鍾乳洞新発見の可能性

 山口県美祢市東部、秋吉台の地下100㍍から200㍍にある、日本最大の空間を持つ鍾乳洞「秋芳洞」に新たな空間が発見され、先日、内部の様子がテレビで初公開されていた。
 秋芳洞は3億年かけて形成された石灰岩の台地、秋吉台国定公園の地下にある。石灰岩がつくり出す神秘的な光景がいたるところに見られ、国の特別天然記念物にも指定。洞内の観光コースは1㌔程度だが、総延長は10㌔を超える。新たに見つかった空間の延長は800㍍。今回の調査は時間切れと持参のロープがなくなったことで打ち切ったが、まだ先に続く可能性があることも分かった。
 洞窟と言えば、子どものころ川口浩の探検隊というテレビ番組をよく観ていた。未知の空間に勇ましく突入する姿にワクワク、ドキドキしていた。最近では「世界の何だコレ⁉ミステリー」でお笑いコンビアンガールズの田中卓志さんがスーツ姿で洞窟探検する様子も放送されている。お笑い要素はあるが、探検自体は真剣で、映し出される洞窟内の映像に興奮。長年の歳月をかけて生み出された大自然の迫力と美しさは、見る人に深い感動を与えてくれる。
 そんな時空を超えたロマンを感じさせてくれる洞窟だが、由良町には戸津井鍾乳洞がある。総延長100㍍で短いが、ろうそくが溶けたような「白蝋の滝」や長さ数㌢の鍾乳石が天井から伸びる「針天井の間」など見どころがたくさん。秋芳洞と同じく石灰岩の洞窟だ。つまり、未開の部分があるかもしれず、再調査して新発見があれば、さらに多くの観光客が来るのではないか。ここは、田中さんに調査を依頼するのもおもしろいかも。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. オッス! ボクきぃぽん

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る