伊の最高ソムリエ林氏迎えワイン試飲会

 御坊市名田町上野のイタリア料理店「ペンション ヒラオカ」で20日、イタリアスタイルのワイン試飲会が開かれ、スペシャルゲストにアジア人として初めてイタリアの最高ソムリエに選出された林基就(もとつぐ)氏(43)が登場。県内各地から大勢のワイン愛好家が集まり、林氏のサーブとトークで約20種類のイタリア産ワインの味と香りを堪能した。
 同店の店頭ワインショップ「サルーテ」の主催イベント。ゲストの林氏は名古屋市出身で、25歳のときにイタリアへ渡り、有名レストランで修業の傍ら、各地方のワイナリーを訪ね歩いてソムリエとしての腕を磨いた。イタリアで最も長くミシュランガイドの三ツ星を獲得しているレストランでチーフソムリエを務め、2009年にはアジア人として初めて、エスプレッソ社のレストランガイドブック(10年版)が年間最優秀ソムリエに選出。12年にはイタリア国際ワインアワード「オスカー・デル・ヴィーノ」で最優秀ソムリエ賞を獲得した。その後、ワイン輸入・販売会社を設立し、現在はイタリア事務所のあるミラノで生活しながら、高品質なワインの買い付けに奔走している。
 ヒラオカのコック兼ソムリエで、サルーテの志賀量太オーナー(32)は、鍋料理が有名な魚のクエとも相性がよく、同じ名前のシチリアの白ワイン「クエ」をきっかけに林氏とつながりができ、今回、林氏の一時帰国に合わせて試飲会への参加を打診、快諾を得た。林氏が和歌山県内の試飲会に参加するのは今回が初めて。この日はヒラオカの常連客らが入れ替わり、延べ約80人が訪れた。
 林氏は、地方ごとに多種多様な郷土料理があり、全土で2000種を超えるブドウが栽培されているイタリアの魅力、無数の料理に合わせてワインを選ぶソムリエの仕事のやりがいを語り、自らセレクトした18種類の味と香りの特徴を説明。質問にも笑顔で丁寧に答え、客はイタリアナンバーワンソムリエの直接サーブでテイスティングを楽しんだ。

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る