ARで子どもの夢

 さまざまな分野でAR(拡張現実)の活用が進んでいる。拡張現実と聞いても分かりにくいが、主な用途でいえばスマホのカメラをかざすことで、スマホ画面に現実でないバーチャルの世界が表示されることだ。中国EC大手のJD・comは、ユーザーが化粧品を購入する際、ARを使って自身の顔で試すことができるメイクアップ機能を提供している。アニメの聖地巡礼をサポートするスマートフォンアプリ「舞台めぐり」では、聖地でスマホをかざすことでアニメのキャラクターが登場。防災での活用もあり、自身がいる場所がどの程度浸水するのかをARで疑似体験できるアプリもあるという。エンターテインメントはもちろん、こういった防災での活用にも期待したい。
 本紙でも数年前からARを導入している。日高新報の専用アプリを使ってカメラを起動し、紙面にあるAR対応の写真にかざすと、写真が動き出すように動画が流れるというもの。これまで紙面で表現できなかった元気な子どもたちのダンスや吹奏楽部の演奏なども、ライブ感たっぷりに届けられるようになり、また写真が動き出す様子が「ハリー・ポッターの世界のよう」と好評を得ている。
 5月からはAR機能を使った新コーナー「大人になったら○○に!」も登場。日高地方の年長児を中心とした子どもたちに将来の夢を元気いっぱい語ってもらうコーナー。子どもたちが少し恥ずかしそうにしながらも元気に夢を発表。かわいい姿に早くも人気コーナーになっている。ぜひこの機会に「日高新報AR」のインストールを。アプリはアンドロイド端末、アイフォンとも各ストアで検索してください。  (城)

関連記事

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る