自転車の魅力再発見

 小学3年生の時まで自転車に乗れず、友達と遊びに行く時には鈍足ながら懸命に走ってついていったものだ。初めて乗れるようになった時はうれしくて、友達と「川をどこまでもさかのぼろう」と西川の土手を上流へ向かってペダルをこいだ。吉原から入山までわずかな距離だが、8歳児には大きな出来事だった。風に吹かれ、青い空と輝く緑がとてもきれいだったのを覚えている◆「文化じかけのオレンジ」主催のおんぱくイベント「自転車の魅力発信」を取材した。日高地方の自転車チームリーダーが講演。メンバーも自転車との出会いなどについて語ってくれた。御坊日高の美しい風景の映像を見ながら話を聞くうち、もう何十年も味わったことのない、自転車で走る感覚を思い出した。徒歩にはない爽快なスピード感、車では感じられない生き生きした自然との距離の近さ。山が海の近くまで迫っている日高地方はヒルクライム競技に向いた絶好の高低差があり、海の風景・山の風景が楽しめるロケーションに恵まれているのだという◆全国的に自転車はブームとなっており、火付け役の「弱虫ペダル」という漫画作品がある。スポーツ漫画なのに、主人公は運動が苦手なメガネがトレードマークのアニメファン。成り行きで自転車部に入り、真面目で純粋な性格と友達を思う心で頑張って力を発揮する。自転車という競技に「すぐれた運動神経を必要としない」という特徴があるからこその展開。競技の裾野を広げやすいとも言える◆講演で、チームの皆さんは仲間と走る楽しさなどについても語ってくれた。うまく情報発信できれば、当地方の潜在的魅力を引き出せるのかもしれないと、煙樹ケ浜沿いを自転車で走った中高生時代など思い出しながら考えていた。   (里)

関連記事

フォトニュース

  1. ご協力お願いしま~す

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る