御坊でみやこ姫よさこい祭り

 第12回みやこ姫よさこい祭り(古久保恭一実行委員会委員長)が、13日に御坊市塩屋町の御坊総合運動公園で開催された。あいにくの雨で午後の部は中止となったものの、参加した県内外の40チームは雨を吹き飛ばすような華麗でパワフルなステージを披露。オープニングとエンディングの総踊りでは、全参加者がメインステージで圧巻の踊りを見せ、雨もなんの、晴れやかな笑顔で観客を魅了した。
 参加全チームによる総踊りで華やかに開幕。舞台に収まり切らない人であふれ、子どもも大人も、違うチーム同士のメンバーが一緒になって『みやこ姫よさこい音頭』『YAPPA紀州』の2曲を踊り、笑顔と活気があふれた。
 開会式では、古久保実行委員長が「この天候でもこれだけ多くの人が来てくれて、涙が出るくらいうれしい。元気に踊って最後まで楽しんでください」とあいさつ。柏木征夫市長も祝辞を寄せた。
 ステージとパレードの2カ所に分かれて各チームがパワーあふれる踊りを披露した。ステージは、初参加の「紀州フラフ隊」の演舞からスタートし、かわいい子どもたちで編成したチームや、長年楽しんでいるベテランチーム、夏には本場・高知県でのよさこいイベントに出場する実力派などバラエティー豊かなチームが次々と登場。各チームとも個性あふれるオリジナルの衣装や大きな旗を振るパフォーマンス、マイクでの音頭とりで盛り上げるなど悪天候を感じさせない元気あふれる演舞で盛り上げた。ステージ前では雨合羽姿のカメラマンが並んで躍動する踊り手を写真に収め、傘をさした見物人は手拍子や声援を送り、踊り手と来場者が一体となっていた。日高地方勢では、御坊市の「夢屋舞組」、みなべ町の「プラリズム~梅舞~」が出演。息の合った演舞を見せ、一際大きな拍手が起こっていた。ほかにも12回連続出場の「紀道」など、各チームとも会場を沸かせていた。
 よさこい以外では、御坊スポーツクラブ・太極拳教室が練習の成果を披露。御坊市のオリジナル体操レクチャータイム、JA紀州青年部フラワーボーイズは母の日参りをPRしながらスターチスの花束を無料配布し、好評だった。雨が強くなったため、午後からの演舞は取りやめ、最後は餅まきで締めくくった。

関連記事

フォトニュース

  1. これであったかいね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る