御坊でみやこ姫よさこい祭り

 第12回みやこ姫よさこい祭り(古久保恭一実行委員会委員長)が、13日に御坊市塩屋町の御坊総合運動公園で開催された。あいにくの雨で午後の部は中止となったものの、参加した県内外の40チームは雨を吹き飛ばすような華麗でパワフルなステージを披露。オープニングとエンディングの総踊りでは、全参加者がメインステージで圧巻の踊りを見せ、雨もなんの、晴れやかな笑顔で観客を魅了した。
 参加全チームによる総踊りで華やかに開幕。舞台に収まり切らない人であふれ、子どもも大人も、違うチーム同士のメンバーが一緒になって『みやこ姫よさこい音頭』『YAPPA紀州』の2曲を踊り、笑顔と活気があふれた。
 開会式では、古久保実行委員長が「この天候でもこれだけ多くの人が来てくれて、涙が出るくらいうれしい。元気に踊って最後まで楽しんでください」とあいさつ。柏木征夫市長も祝辞を寄せた。
 ステージとパレードの2カ所に分かれて各チームがパワーあふれる踊りを披露した。ステージは、初参加の「紀州フラフ隊」の演舞からスタートし、かわいい子どもたちで編成したチームや、長年楽しんでいるベテランチーム、夏には本場・高知県でのよさこいイベントに出場する実力派などバラエティー豊かなチームが次々と登場。各チームとも個性あふれるオリジナルの衣装や大きな旗を振るパフォーマンス、マイクでの音頭とりで盛り上げるなど悪天候を感じさせない元気あふれる演舞で盛り上げた。ステージ前では雨合羽姿のカメラマンが並んで躍動する踊り手を写真に収め、傘をさした見物人は手拍子や声援を送り、踊り手と来場者が一体となっていた。日高地方勢では、御坊市の「夢屋舞組」、みなべ町の「プラリズム~梅舞~」が出演。息の合った演舞を見せ、一際大きな拍手が起こっていた。ほかにも12回連続出場の「紀道」など、各チームとも会場を沸かせていた。
 よさこい以外では、御坊スポーツクラブ・太極拳教室が練習の成果を披露。御坊市のオリジナル体操レクチャータイム、JA紀州青年部フラワーボーイズは母の日参りをPRしながらスターチスの花束を無料配布し、好評だった。雨が強くなったため、午後からの演舞は取りやめ、最後は餅まきで締めくくった。

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る