龍神村ではアートイベント

 芸術家らのIターン者が住む田辺市龍神村小家、「アトリエ龍神の家小家」で13日、作品観賞や飲食が楽しめるイベント「アート小家Oh yeah!」が催された。あいにくの雨にもかかわらず市内外から大勢の人が訪れ、作家らとふれあいながら作品を1点ずつじっくり観賞。「すごい作品ばかりで見応えがある」と楽しんでいた。
 旧龍神村が芸術家らを呼び込んで村おこしにつなげる「龍神国際芸術村」構想を立ち上げ、その一環で「アトリエ龍神の家小家」が建設された。6世帯の住宅があり、現在は造形作家の溝端秀章さん、藍染め「計良」の計良容子さん、「エアブラシアートジャパン」の柴田友助さん、映像制作「扇松屋龍神」の中島英介さん、工房「蓑虫」切り絵師の蓑虫さん、食品加工と販売「CONSERVA(コンセルヴァ)」の金丸知弘さんが住んでいる。今回のイベントは住人6人が「アトリエを広く知ってもらい、触れあいの機会をつくりたい」と企画した。
 各住宅は2階建てとなっており、1階部分に作家の作品を展示。市内外の事業所も出店協力し、飲食や雑貨、シイタケなどを販売するブースも並んだ。この日は朝から雨が降るあいにくの天候となったが、大勢の来場者が訪れて作品観賞や買い物を楽しみ、和歌山市から訪れた女性(45)は切り絵作品を見ながら「細かいところまで精密に仕上げられていて、素晴らしい作品」と感心していた。近くにある「がまの湯」の協力で、買い物客には同店で使える温泉割引券や食事割引券が贈られた。主催したアトリエ龍神の家小家は「今後もイベントを継続していきたい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も咲きました!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る