龍神村ではアートイベント

 芸術家らのIターン者が住む田辺市龍神村小家、「アトリエ龍神の家小家」で13日、作品観賞や飲食が楽しめるイベント「アート小家Oh yeah!」が催された。あいにくの雨にもかかわらず市内外から大勢の人が訪れ、作家らとふれあいながら作品を1点ずつじっくり観賞。「すごい作品ばかりで見応えがある」と楽しんでいた。
 旧龍神村が芸術家らを呼び込んで村おこしにつなげる「龍神国際芸術村」構想を立ち上げ、その一環で「アトリエ龍神の家小家」が建設された。6世帯の住宅があり、現在は造形作家の溝端秀章さん、藍染め「計良」の計良容子さん、「エアブラシアートジャパン」の柴田友助さん、映像制作「扇松屋龍神」の中島英介さん、工房「蓑虫」切り絵師の蓑虫さん、食品加工と販売「CONSERVA(コンセルヴァ)」の金丸知弘さんが住んでいる。今回のイベントは住人6人が「アトリエを広く知ってもらい、触れあいの機会をつくりたい」と企画した。
 各住宅は2階建てとなっており、1階部分に作家の作品を展示。市内外の事業所も出店協力し、飲食や雑貨、シイタケなどを販売するブースも並んだ。この日は朝から雨が降るあいにくの天候となったが、大勢の来場者が訪れて作品観賞や買い物を楽しみ、和歌山市から訪れた女性(45)は切り絵作品を見ながら「細かいところまで精密に仕上げられていて、素晴らしい作品」と感心していた。近くにある「がまの湯」の協力で、買い物客には同店で使える温泉割引券や食事割引券が贈られた。主催したアトリエ龍神の家小家は「今後もイベントを継続していきたい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. はいOK、大丈夫で~す

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る