12日 龍神村にNPO法人のそば屋オープン

 田辺市龍神村のNPO法人「ええとこねっと龍神村」(後藤昇理事長)が運営するそば専門店「和わく」が12日、甲斐ノ川地内にオープンする。9日には地元住民ら約50人を招いてプレイベントが行われ、休耕田を利用して栽培したソバを使ったメニューを味わった。田辺市の真砂充敏市長も訪れ、「本格的なそば料理でとてもうまい」と舌鼓を打っていた。
 原料となるソバは同団体が休耕田を利用して栽培しており、昨年は560㌔が収穫された。そば粉に加工して店の料理に使う。三美人湯の温泉の里にちなみ、島根県出雲市(湯の川温泉)のソバ、群馬県東吾妻町(川中温泉)の小麦(つなぎ)も使用する。店舗は旧甲斐ノ川保育所(木造平屋、建物面積約80平方㍍)を活用。昨年に市から払い下げを受け、2月から内装改築に取りかかって、厨房を設置したりトイレの位置を変えたりするなどの工事を行った。屋外の遊具も塗装し直し、家族連れらや地域の子どもたちも楽しめるようにした。
 プレオープンでは後藤理事長が「地域の憩いの場となり、楽しく親しんでもらえるような店にしていきたい」とあいさつ。玄関前で後藤理事長と真砂市長がテープカットし、開店を祝った。このあと住民らが店内で食事を楽しんだ。メニューはざるそば、天ぷら、いなり寿司の定食で、真砂市長は「とてもおいしい。オープンしたら孫を連れて食べに来たい」と箸を進めていた。休耕田を提供している同村東の古久保克巳さん(77)も「龍神で栽培したソバを使った料理を食べるのは初めて。とてもおいしい」と笑顔で話していた。
 これから夏に向けての冷たいメニューでは盛りそば(700円)、とろろきのこぶっかけそば(900円)、そばサラダ(1200円)、天ぷらそば(1300円)、はいからそば(700円)など。温かいメニューでは、はいからそば(700円)、大だぬきそば(900円)、とろろきのこぶっかけそば(900円)、鴨なんばん(900円)、天ぷらそば(1300円)など。今後はそばを使ったスイーツメニューも提供するという。営業時間は午前11時から午後3時。定休日は金曜日。電話番号は0739770677。

関連記事

フォトニュース

  1. こうしてみると分かりやすいね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る