活気あふれる餅まき

 ゴールデンウイークが終わり、あっという間に生活が日常に戻った。ある調べでゴールデンウイーク明けは正月休み明けと並び、年間の体重変化の傾向で最も太っている時期の一つという。試しに体重計に乗ってみると調査結果通りの数字。仕事に対する気持ちと同様、体重も元に戻さなくてはと思う。
 そんなゴールデンウイークの後半、昨年は県外へ出たり家にいたが、ことしは4連休4日間とも県内各地へ出かけた。初日に行ったのは海南市下津町引尾の立神社。ここでは毎年5月3日、商売繁盛や豊作、厄除けのため春祭りがあり、「大餅まき」が行われる。以前取材したところによると、餅の量は6地区から奉納された餅と神社の分を合わせて7石ほど。米の1石は10斗に当たり、同じく100升、1000合に相当する。
 神社に着いたころすでに境内は多くの人出で大にぎわい。各地区と神社の役員らが代わる代わる1時間以上にわたってまく餅に歓声が上がった。まかれる餅の中には地区や会社の名前が朱色で書かれた「一斗餅」といわれるビッグサイズの餅(直径40~50㌢、厚さ10㌢ほど)も。男性たちがもみ合いになり、熱気のなか大いに盛り上がっていた。気の弱い筆者の収穫は普通サイズ10個足らず。足下どころか、つかんだはずが奪われたり、宙を舞う餅をキャッチするのがやっとだった。
 一般的に餅まきは棟上げで行われるというが、和歌山では慶事やイベント、あらゆる機会に餅をまく。「餅まきの聖地」と呼ばれており、日高地方も例外ではない。餅まきがあれば人が集まり活気があふれる。地域を元気にする伝統文化を大切に、絶やさないようにしたいものだ。もちろん食べ過ぎには注意が必要である。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見頃です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る