美浜で陸自の水際地雷敷設車の体験乗船

 美浜町浜ノ瀬の煙樹ケ浜で8日、陸上自衛隊和歌山駐屯地第304水際障害中隊の94式水際地雷敷設車(水陸両用)体験乗船が行われ、公募で集まった地域住民ら約100人が参加した。
 約20人ずつ、数回に分けて実施。参加者は沖合数百㍍を往復する15分ほどの航行を楽しんだ。着水時や上陸時に迫力のあるエンジン音が響き渡ると歓声が上がり、海の上で停泊している間にはスマホなどで美しい海岸線を写真に収める姿も見られた。
 水際地雷の敷設や災害派遣が任務の同中隊に配備されている地雷敷設車は全長11・8㍍、全幅4㍍(水上時)、航行時の最高時速約11㌔。乗船前には隊員から説明もあり、参加者は興味深そうに聞き入っていた。
 和歌山駐屯地創立56周年記念行事(今月20日)の一環で、7日と2日間の企画に約170人が参加した。初日は荒天のため海には出ず、和田の駐屯地内の道路を走行する敷設車への試乗が行われた。
 2日目の体験乗船に参加した日高川町和佐の男性(60)は「意外に揺れなかった。災害救助活動にも使われるという水陸両用車が近くにあることが心強い」などと感想を話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 密漁も不法投棄もせんといてな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  2. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  3. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  4. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  5. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る