速読をトレーニング

 先日、日高川町役場に、友好都市となっている泉大津市の南出賢一市長が訪れた。南出市長は市議経験はあるものの38歳という若さ。日高川町を訪れた際は、積極的に今後の友好関係で提言。泉大津市の紹介では、自身がパソコンの前に座ってスクリーンを使って説明。市長自らがプレゼンする姿は新鮮だった。そのプレゼンの中で気になったのが、速読を使った子ども向けの能力開発教育だ。
 紹介された映像では子どもたちがわずか数秒で一冊の本を読んでいるというもの。ペラペラペラと高速でめくっているだけのように見えるが、きちんと読んでいるのだという。同様の映像はテレビでも見たことはあるが、うさんくさく信じていなかったが、自治体が進めている取り組みというので少し関心を持った。
 筆者は、本紙のコーナーで本を紹介する「本のひだかや」も担当している。筆者が好きなのは頭脳戦や伏線がたくさんあり後半にどんでん返しがある作品、狭い空間で繰り広げられるクローズドサークルというジャンルだ。インターネットで面白そうなのを調べて購入するのだが、いつも面白い作品に出会えるとは限らない。〝当たり〟の作品なら3、4日くらいで読み終えるが、〝外れ〟の作品なら1カ月以上かかることも。そんなときに少しでも早く読める力があればと思ったことはある。
 早速、速読を学ぼうと調べると、スマホアプリであるとのこと。高速で上から下に流れる文章を何度も眺めながら学習するというものだ。眺め方にもコツがあり、習得まではそれなりの時間がかかりそう。数秒は無理でも、少しでも早く読める力はあるに越したことがない。半信半疑ながらしばらく続けてみようと思う。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る