シャルル・ボネ症候群について

 中西忠さんの連載コラム「音楽・老いのたわごと」で、先日「私の眼の奇々怪々」と題して不思議な体験が綴られた。視力のほとんどない左眼に不可解な映像が現れるというのだ◆アラブ人のような風貌の男で、バイオリンを弾いていたり、こうもり傘や番傘を持っていたりする。実在しない映像だとわかってはいるが、うるさくて仕方がない。困ったものだという一文。一読して、理屈では説明のつかない現象にとまどいを感じた。ご本人はユーモアを交えながら状況を明快に説明してくださった。他にも幾つかの映像が見えることがあるが、条件によって現れたり消えたりするという。調べてみればちゃんと説明のつくことかもしれないとインターネットで検索。「シャルル・ボネ症候群」という目の病気があることを知った◆病名は18世紀の博物学者シャルル・ボネの名から。純然たる目の病気であり、心因性のものではない。複数の眼科医のブログなどを参考に説明すると、「視覚システムの何かの要素が適切に作用しなくなった時、補おうとする脳の働きで独自に像が作られる」という現象である。実在しない映像と自覚があるのが、精神疾患との明確な違い。高齢の低視力者の10~40%に起きている可能性があるが、それを他人に訴える人は1%以下といわれる。「おかしくなったと思われる」のを恐れて誰にも打ち明けない人が多いとみられている◆「期間に個人差はあるが、いずれ消えるものであり、日常生活に支障がなければ特に治療の必要はない」という。「精神疾患ではないと自覚することが最良の治療法」だそうだ。人知れず悩む同様の症状の人は大勢いるかもしれない。「こんな目の病気がある」という事実はもっと広く知られるべきではないか。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る