鈴鹿カートレース 北山さんが新設クラスで優勝

 全国の強豪レーサーが集う鈴鹿選手権シリーズカートレースで、ことしから新設されたアバンティユースクラス(12~25歳)の第1戦が4月29日に三重県の鈴鹿サーキットで行われ、由良町里出身の北山深翠(しんすい)さん(21)=京都府在住、龍谷大学4年=が、見事優勝を飾った。学生としては最後のチャレンジとなる今シーズンのレースに大きな弾みとなりそうだ。
 全長1264㍍を誇り、世界でも屈指の高速コースとなっている鈴鹿サーキット国際南コースを舞台に行われる鈴鹿選手権は、10のクラスがあり、アバンティユースクラスには、全日本選手権に出場しているトップクラスのレーサーら10人が参戦。田辺市中辺路町のレースチーム「FARМ RACING」に所属する北山さんは公式予選、予選、決勝の3戦とも1位の完全優勝。決勝16周のトータルタイムは14分13秒197で、2位に約6秒差をつけてぶっちぎった。52秒931のファステストラップ(1周の最速タイム)もたたき出し、新設クラスの初代覇者となった。
 昨シーズンはアバンティクラス(18歳以上)に参戦し、第1戦で優勝したが、その後は振るわず、年間3位止まり。優勝を狙っていただけに悔しい結果に終わった。さらに今シーズンもアバンティクラスにエントリーしており、ことし3月、第1戦の決勝ではトップをキープしていたが、最終ラップでマシントラブルによりリタイアした。
 今回、アバンティユースには腕試しとして1戦限りのエントリー。これまでの悔しさを晴らす快走に「昨年からの悪い流れを断ち切ることができました。今後はアバンティクラス(全5戦)での参戦となりますが、これを弾みに頑張ります」と意欲。ことしは就職活動も忙しいが、「ぜひ地元の由良町で働きたいと考えています。社会人になってもレースを続けられれば」と笑顔をみせている。マシンのメカニックを担当し、親子二人三脚でレースに臨んでいる父憲昭さん(52)は、「息子はよくやってくれた。メカニックとしてカートの整備に全力を尽くしたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. みんなで火の用心頑張ろうな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  2. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  3. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  4. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  5. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る