プロ格闘家入田さん Dream Gate9に挑戦

 総合格闘技「チーム日高」(垣内義秀代表)所属で和歌山病院勤務の入田和樹さん(32)=日高川町入野=が、6月10日に福岡県で開催される格闘技イベント「Dream Gate9」のヘビー級タイトルマッチに挑戦することが決まった。昨年11月にプロに転向し、韓国の格闘技イベントでデビュー戦を白星で飾った日高地方期待の星。プロ国内初試合はいきなりのタイトル戦となるが、「KOで倒す」と闘志を燃やしている。
 Dream Gateは池端光浩氏が代表を務める有名な格闘技団体。Dream Gate9はプロ選手の試合が9試合組まれており、キックボクシングのルールで行われる。入田選手はトリとなる9試合目、同大会のメインとして現王者・田中隆選手(隆真GYM)と戦う。
 身長185㌢の恵まれた体格と、日本拳法で身に付けた技術で総合格闘技にも戦いの場を広げ、3年前にはシュートボクシングで実質日本一になるなどアマチュア格闘技界では「敵なし」といわれた実力の持ち主。アマチュアではなかなか対戦相手が見つからないため、昨年11月にプロに転向。韓国最大の格闘技イベント「ANGEL fight」に参戦して見事勝利していた。
 韓国での試合を見た池端代表から「6月に九州で大きな大会を開催するので、出てみないか」とオファーを受け、このほど契約を交わした。11月から半年かけて、走り込みや坂道での軽トラ押しなどで下半身や体力を強化し、105㌔あった体重は約10㌔減量に成功。スピードや得意の右ストレート、左ハイキックなどに磨きがかかり、迫る本番へ向けて気力、体力とも充実している。入田選手は「プロに転向してこんなに早くタイトルマッチに参戦できるとは思わなかった。早く試合がしたい」とビッグマッチにも不安はまったくなく、「判定ではなくKOで倒し、日ごろから支えてくれている皆さんに恩返ししたい。ほかの格闘技団体も注目している大会なので、目に留まるような戦いをして、いつかはテレビのゴールデンタイムで戦いたい」と胸を躍らせている。
 垣内代表や顧問の北垣順一さん、後援会長の稲垣崇さんらが日ごろから強力にサポート。垣内代表は「ようやく国内のプロ格闘技の試合に出ることができてうれしい。スターになれる素質があるので、派手に勝ってほしい」とエールを送っている。

関連記事

フォトニュース

  1. 久しぶりにわいわいやってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る