4年目のおんぱく 参加者満足度95%

 4月14日から1カ月間開催された日高地方の地域活性化イベント「御坊日高博覧会(おんぱく)」の結果報告会が22日、御坊市野口のアルベロで開かれた。4回目のことしは、参加者数は昨年と横ばいの1000人超えとなり、参加者満足度は95%に達するなど大好評となった。新たな取り組みとして、通年で体験できるプログラムに磨き、観光商品にしていくことも決めた。
 谷口光実行委員長のあいさつに続き、結果が報告された。プログラム数は44で昨年より減ったが、おんぱくレストランを含めると62となり、昨年より1つ増えた。参加者数は1211人で昨年とほぼ同数。自由入場を含めると2021人となった。参加者満足度は金額89%、時間82%で、全体としては95%が「非常に満足」「満足」と答え、大好評だった。集客達成率が100%を超えた満員御礼プログラムは15あった。経済効果はパートナーのプログラム収入が210万円、各メディアに取り上げられた広告費換算額は780万円と算出。参加者の8割は日高地方からで、50代と60代が多かった。おんぱくを通じて、これまで交流のなかった団体同士のコラボや、地域単位での連携など新たなつながりが生まれた効果もあった。
 報告会では、JTB地域交流担当マネジャーからおんぱくを機会とした観光振興についてのアドバイスがあり、今後は年中開催できるプログラムを観光商品として売り出し、地域活性化につなげる取り組みを本格的に進めていくことも決めた。最後に和歌山大学の大澤健教授が「全国でも数あるおんぱくの中で唯一、行政の関与しない民間組織。引き続き頑張ってほしい」と講評した。

関連記事

フォトニュース

  1. 薬なんかいらんわ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る