ゆらっと紀州 26日からそば処営業

 由良町中地区の地域交流拠点「ゆらっと紀州」を運営しているNPO法人由良わくわく塾(中西一夫理事長)が、26日午前11時半から飲食店「そば処 わくわく」をオープンする。盛りそば、かけそばを中心に丼やカレーライスなどを販売。将来的には魚など町内の産物も提供し、まちのPRにつなげていく。
 ゆらっと紀州の建物は2011年に所有者から町に寄贈された通称「旧原邸」。わくわく塾では町から運営を委託され、産品の販売を行っている。
 飲食サービスは以前から訪れる人から要望が多く、同塾理事の三好章五さん(64)=里=がそばを打てることから、そば屋のオープンを決めた。
 飲食スペースは、昔ながらの趣があり中庭の景色が楽しめる母屋の奥の間などを利用。テーブルセットを6セット30席分用意したほか、厨房も整備。そば打ち歴15年の三好さんが店長となり、パート2人とボランティアらで切り盛りする。
 メニューは信州産のそば粉を使った盛りそば(700円)、かけそば(700円)、天盛りそば(1200円)、おろしそば(850円)などで、納豆とメレンゲを使ったオリジナルそば「わくわくそば(1000円)」も用意。そばのほかうどん、親子丼、かつ丼、カレーライス、ドリンクはコーヒーやジュースのほか、ビールや焼酎、和歌山の地酒などのアルコールも販売する。
 三好さんは「当分はそばメインで進めますが、将来的には由良でとれた魚の刺し身なども提供。おいしさを知ってもらい、『もっと食べたい人は町内の旅館などを利用してください』とまちのPRにつなげていきたい」と話している。
 営業時間は午前11時半から午後3時まで。定休日は木曜。電話は℡0738653841。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊・日高のために頑張ります!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る