印南の味 「かきまでご飯の素」が完成

 印南町で郷土食の普及に取り組んでいる「いなみの料理広め隊」(小田美津子代表)の「かきまでご飯の素」が完成した。印南の〝お母さん〟たちが、焼きサバの身とだしを使って作った伝統の振る舞い飯の味を、そのまま詰め込んだレトルト商品。5月3日の発売に合わせ、阪和自動車道上り線の印南サービスエリアで試食PRを行う。
 かきまぜご飯は焼きサバ入りで、骨からとっただしを使用。町内では昔から冠婚葬祭や祭りといった大勢の人が集まるときに作られてきたという。素の商品化は2016年から県の「わがまち元気プロジェクト」で取り組んでいる「いなみの魅力発信『地産外商』プロジェクト」の一つ。郷土料理の普及に取り組んでいる「明日を考える会」のメンバーを中心に、振る舞いの機会が少なくなってきたかきまぜご飯を広めようと、いなみの料理広め隊を結成し、家庭で簡単に食べられ、多くの人に食べてもらいたいとの思いで開発を進めてきた。
 素は焼きサバの身やニンジン、ゴボウ、コンニャク、ちくわ、高野豆腐、油揚げ、乾燥シイタケ入り。しょうゆ、砂糖とサバのだしを使い、温める必要はなく、温かいご飯に混ぜるだけで、かきまぜご飯ができる。商品名は「かきまぜ」を地元の方言で「かきまで」にした。2合用1袋で税込み700円、印南SAやJA紀州の直売所「ほんまもん」「フレッシュマート」の3カ所で販売する。
 代表の小田さん(75)=羽六=は「思った通りの味に仕上がりました。これまでの試食でも、『この味、この味』『昔の懐かしい味』と地元の方からも好評をいただいております」とにっこり。商品を手に「多くの方に食べていただき、次の世代の若い人たちにも味を伝えていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 思いやりの心を持ちましょう

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る