ピンクレディーと紳助さん

 たしか島田紳助さんが言っていた言葉だったと記憶している、「この芸能界で生き残っているのは、みんないい人ばかり。性格の悪い人は消えていく」と。浮き沈みの激しい芸能界、人を踏み台にしても這い上がっていくというイメージもあったが、勝ち残っていくのに大切なことは、人間性に優れているかどうか。一芸に秀でている、個性的、ほかの人にないものを持っている、芸能界で活躍するにはこういった能力を持ちながら、他人を思いやる心、礼儀など人間力を磨くことが最も必要ということだろう。どんな業種、業界でもいえることだ。
 先日、70年代に一世を風靡した国民的アイドル「ピンク・レディー」のミーちゃんこと、未唯mieさんがプライベートで来坊した際、取材させてもらった。筆者はピンク・レディー世代のほんの少し後の世代だが、テレビでの活躍ぶり、国民からの愛されっぷりはよく知っている。ある意味、テレビ界で一時は頂点を取ったといっても過言ではない方、地方紙の取材を受けてくれるのかと不安もあったが、いらぬ心配だった。質問一つ一つに丁寧に、真剣に答えていただいた。紳助さんの言葉が頭に思い浮かんだ理由である。
 紳助さんの言葉からもういくつか。「うまくいかない時に他人や環境のせいにする人間は幸福にはなれません」「人生において一番してはいけないこと、それは何もしないこと」。前述のように、人間力を磨くために必要なことが凝縮されている言葉だと感じる。非があれば素直に認めて誤り、何がいけなかったのか客観的に見つめ直す。失敗を恐れずとにかくチャレンジする。自分はできているのか、見つめ直したい。      (片)

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じになってきました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る