県商工会青年部連合会 みなべで50周年式典

 県商工会青年部連合会の創立50周年記念式典が22日にみなべ町山内のホテル「Hotel&Resorts WAKAYAMA―MINABE」で行われた。会員ら約270人が出席。石倉大裕会長(38)=日高川町=は式辞で「将来に向かって自社や地域を発展させる真の地域創生を目指す」と決意を述べ、会員が一致団結してより一層発展していくことを誓った。
 1968年6月に発足、ことしでちょうど50年の節目を迎える。商工会の内部組織として活動の重要な一翼を担うとともに、商工業の後継者である青年経営者として資質の向上に努めている。現在は県内30商工会で構成され、会員数は722人。
 石倉会長は「51年目の一歩を踏み出すに当たり、先人からの思いを受け継ぎ、未来の子
どもたちにつなげるため一致団結し、新たなる和の構築を目指す。青年部としての思いを胸にしっかりと刻み、前を向いて全部員が力を合わせて尽力していく」と決意を語った。感謝状や表彰状の贈呈があり、県知事感謝状が紀美野町商工会青年部と日高川町商工会青年部に贈られたほか、青年部役員功労者も表彰された。日高川町商工会青年部の鳥居達弘部長が代表して「身に余る光栄。これを機会にさらに成長し、地域の商工活動に一層努めていきたい」と謝辞を述べた。来賓祝辞では仁坂吉伸知事が「韓国や中国では経済が発展し、国民の生活水準が向上している。日本を訪れる観光客も多く、和歌山にも大勢が訪れている。皆さんの仕事面で勝機をつかむチャンスでもあり、それが県の力にもなる」とし、二階俊博自民党幹事長も「各地でしっかりと活躍されていることに対し、敬意を表したい。今後も商工会の中心となって皆さんに頑張ってもらいたい。県の発展は皆さんの肩にかかっている」と激励した。地元の小谷芳正町長、全国商工会青年部連合会の越智俊之会長、県商工会連合会の森田敏行会長も祝辞し、さらなる活躍に期待を寄せた。県商工会青年部連合会を代表して玉置直樹理事が「事業の継続的な発展や円滑な事業継承を成し遂げるべく、一人一人が次世代につながる地域商工業の担い手としての役割を自覚し、魅力あるまちづくりの実現に向けて邁進していきます」と決意を表明した。最後に一丁締めで一層の発展を祈願した。式終了後は経済産業大臣の世耕弘成参議院議員を招いた記念講演があり、「これからの日本、青年経済人の役割とは」のテーマで聴いた。パネルディスカッションも行われ、「あなたにとって商工会青年部とは」のテーマで、県商工会青年部連合会の歴代会長6人がパネラーとなり、意見を交わした。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊で会いましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る