金田一春彦氏の講演の思い出

 初めて著名人の講演会を生で聴いたのは12歳の時。始まったばかりの「市民教養講座」だった。講師は、国語学者の金田一春彦氏。辞書によく名前の載っていた金田一京助氏のご子息であり、クイズ番組でおなじみの金田一秀穂氏のご父君である◆テーマはもちろん日本語について。その美しさを表現するのに、氏は「湯上がり」という言葉を例に挙げた。「ゆあがり」という音の響きが素晴らしい。体から湯気の立ち上るような温かさ、風情までその4音で表す。英語の「アフターバス」は決して湯上がりではなく「入浴後」だ、と◆氏が知り合いのアメリカ人に「間が悪い」という言葉の意味を聞かれた。今は「タイミングが悪い」の意味でよく使われるようだが、本来は「きまりが悪い、ばつが悪い」というニュアンスも含む言葉。春彦氏は例を挙げようと、「朝、出かける時に隣のおばさんと顔を合わせてあいさつし、そのあと忘れ物をしたことに気づいて取りに戻り、もう一度出かけようとした時にまたそのおばさんと顔を合わせた」時の気持ちだと説明。すると彼は「ヒャッヒャッヒャッ」と笑った。「私ならこう言いますね。『あなたさっき私のブラザーに会いませんでしたか』」◆当意即妙的にばつの悪さを吹き飛ばせるユーモア感覚を持ったアメリカ人には、「間が悪い」などという微妙な感覚は無縁なのかもしれないが、そうした海外の感覚を説明しながら逆説的に日本語の繊細さを浮び上がらせていく、面白い講演だった◆ことしの市民教養講座のチケットが26日から発売。講師陣の中に金田一秀穂氏の名を見て、個人的に感慨深いものがあった。三十数年という時間を経て親子2代の講演を聴けるのは、実に楽しみである。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力が満載

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る