日本の命運は「予測不能」

 安倍首相とトランプ大統領の会談が終わった。注目の北朝鮮問題は、大統領と金労働党委員長の直接対話を前に、米国が射程となるICBMだけでなく、短中距離弾道弾も含めた核の放棄を求めることを確認。日本にとって「ほぼ満額回答」だったという。
 大統領は会談後の会見で、首相が内閣の最重要課題とする拉致問題の解決についても、「被害者が家に戻り、再び家族と暮らせるようあらゆる努力をする」と強調した。昨年、日本で被害者家族と面会したことを振り返り、「日本のために最善となるようベストを尽くす」と胸を張った。
 大統領就任から1年3カ月。首相が訪米した昨年2月、北のミサイルが日本上空を通過した直後の緊急共同会見は異例の1つの演台で行われ、大統領がたった一言、「米国は100%、日本とともにある」と話したのが強烈だった。両首脳が相互訪問、会談を重ね、築き上げた絆は揺るぎない。
 安倍首相は日米同盟を軸に、自由と民主主義の価値観を共有する国に連携を求め、地球儀を俯瞰するように外遊をこなしてきた。価値観も道徳も異なる弱肉強食の国際政治の舞台で、力で現状を変更しようとする国にもひるまず、国民を守るために必要な備えを進め、成果を挙げてきた。
 しかしここにきて、安心して留守を任せていた麻生副総理が窮地に陥り、内閣支持率が急落、自身の総裁3選さえ危ういとの観測が出始めた。ゆえに米朝首脳会談にかける期待は大きいが、自他ともに「予測不能」と認め、やたら取引好きの大統領だけに、なお予断を許さない。
 北朝鮮の完全で検証可能かつ不可逆的な核とミサイルの廃棄、さらに拉致被害者の全員帰国へ、強硬派の国務長官と補佐官を従え、いざ!(静)

関連記事

フォトニュース

  1. ゴミ拾いはスポーツです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る