由良の畑山造船が最新鋭ダグボート建造

 由良町吹井、畑山造船㈱(畑山彰夫代表取締役)が建造していた、最新鋭のハーバータグボート「たか丸」が完成した。船舶や水上構造物を押したり引いたりするための船で、最高クラスの装備を整えており、海上労働条約適用船としては国内3隻目、近畿運輸局管内初。すでに航行テストなどもパスしており、小さなまちの造船所が、世界に通用する技術の高さを見せつけた。
 正式には曳船(ひきふね)兼第3・第4種消防船の種類で、航行区域は「限定近海区域A2水域」。全長38㍍、幅9・6㍍、深さ4・5㍍、喫水3・5㍍、総㌧数284㌧。主エンジンは2200馬力を2基搭載の4400馬力(ヤンマー6EY26W)。推進機は、全旋回式ダクト付き4翼スキュ固定ピッチプロペラが2セット(川崎レックスKST―180ZFIAI)。速力15ノット。けん引する能力(曳航力)は、最大67㌧でトップクラス。船首にはトーイングウインチ2基、船尾には太さ52㍉、長さ600㍍のワイヤートーイングウインチを据えている。60㌧フックとクレーンも1基ずつある。消防用の放水銃は、22㍍の高さまで伸縮可能。もしもの場合の海上火災には水と粉末剤、両方の消火活動ができる。
 定員は乗組員7、旅客12の計19人。近海区域で活動する総㌧数200㌧以上の船は、2014年度に改正された海上労働条約に基づき、船員室は全て上甲板上に設置し、床面積7・5平方㍍以上、天井の高さ2・05㍍以上の個室とするなど、船員の労働環境に配慮した構造とすることが決まっている。ただ、タグボートとして小回りの利く船の規模に抑えながら、船員の個室や各種装備を整えるのには、高い造船技術が必要。たか丸はこれら全ての基準をクリアし、船員の個室には洗面所、エアコンもある。このほか、航海計器類も充実している。
 畑山代表取締役は「建造は昨年8月からスタート。海上労働条約の適用船を造るのは初めてで、運輸局の検査員と協議しながらいい方法を考えてきた。従業員も苦労しながら無事完成することができた」と話している。たか丸は今月25日、発注を受けた三洋海事㈱(本社=大阪市)に引き渡す。

関連記事

フォトニュース

  1. 事故に気をつけてね!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る