町民の声を聞き着実に

 日高町の松本秀司町長が、無投票で2選を飾ったのは既報の通り。初陣となった前回選挙(2014年5月)の激しい一騎打ちの戦いとは一転して、今回は対抗馬擁立の動きやうわさがなく、穏やかなムードだった。
 1期目を振り返ると、18歳までの子ども医療費無料化の拡大、内原・志賀の学童保育所の開設、子育て支援センタークエっこランドの拡充など、子育て支援に力を注いだ。教育面では学校支援員を配置し、発達障害などを持つ児童、生徒への学習支援も充実。日高中学校の大規模改修も実施。そういったこともあって、県内では数少ない、人口が増えている自治体となっている。地方創生交付金事業の「シティプロモーション・海外観光客誘致事業」では、クエのPRやベトナムの誘客にも力。今回、これらの実績が町民からの評価と信任を得て、無投票につながった。出陣式や祝勝会では前回、対抗馬を応援していた支持者らの姿も見られ、より一層松本町長の支援体制が強固になったような印象も受けた。
 本人も言っていたが、それがゆえに町政のかじ取り役に課せられた責任は重い。町内ではまだ比井の避難路工事が継続中。ほかにも原谷や志賀、海岸線の県道拡幅、町道高家中央線の整備などの課題が残っている。農業、漁業の振興も大切。高齢者対策も待ったなしである。
 また、本来選挙戦に突入していれば、町民から直接要望などを聞く機会が多かったと思うが、無投票では選挙期間が短く、あまり町民の声も聞けていないのではないだろうか。松本氏には町民の声をしっかり聞く場も設けながら、さまざまな課題に着実に取り組んでもらいたい。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. ながらはアカンよ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る