県立医大が弘前大とデータ連携

 和歌山県立医科大学と青森県の国立大学法人弘前大学が互いの県民の健康増進などを目的に連携、双方が蓄積した健診や生活習慣の健康データを比較検証することになった。
 弘前大は大学院医学研究科社会医学講座の中路重之特任教授らのグループが中心となり、地域、学校、職域が連携する形で、大規模な合同健診等で得た住民の生活習慣や健康状態など2000項目にわたるデータを蓄積。九州大や京都府立医科大と同様のデータを共有し、生活習慣病や認知症の予防法の開発などの共同研究を進めている。
 今回、和歌山県立医科大はその仲間に加わり、かつらぎ町やみなべ町など県内5つの町村と連携して集めた住民の健康状態や生活習慣のデータを他大学のデータと比較検証するなどの研究を開始。弘前大の取り組みを参考に、市町村や企業に働きかけ、健康寿命の増進、健康経営の推進を図るほか、小中学校など若年期からの健康教育の強化を進める。
 青森県は厚生労働省の調査(2015年)で男女とも平均寿命が全国最下位となっており、和歌山県も同様に平均寿命が短い。両大学は18日、和歌山県立医科大でプロジェクトに関する記者発表を行い、弘前大の中路特任教授は「和歌山は青森同様、健康に関して苦戦している土地柄であり、データを共有して他の(沖縄など)平均寿命の長い県と比較検証するのは意義がある。市町村、企業、教育ともがっちり手を組むことで、このプロジェクトはいずれ国家的な日本人の健康を変えるプロジェクトになる」などと述べた。

関連記事

フォトニュース

  1. 昔はどの家でも作ったけどな

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る