和歌山南陵高 女子バレー部が始動

 日高川町和佐の和歌山南陵高校(小野和利校長)で、女子バレーボール部の活動がスタートした。日高地方2選手を含む1年生部員7人を率いるのは、和歌山信愛女子短期大学附属(現和歌山信愛)高校の監督時代に当時の全国高校バレーボール選抜優勝大会(通称・春の高校バレー)出場22回を誇る郭一彦さん(71)=和歌山市=。県大会優勝を目標に掲げ、愛されるチームづくりに燃えている。
 開校3年目となる今春創部。部員は全員1年生で、県内出身の植野優華(南部中卒)、宮下珠奈(由良中)、志良堂陽(高積中)、辻岡優美(箕島中)、橋本こなつ(打田中)、向井遥(同)、安村小乃葉(同)の7選手。3人が通学、4人が寮生活を送っている。初練習は4月2日。14日には初の対外試合を行った。29日に中紀(海南市~御坊市)大会に参加。6月に県高校総体に臨む。
 郭監督は和歌山信愛高校で35年間指揮を執り、春の高校バレーに22回出場。同校は県内屈指の強豪として全国に名をとどろかせている。その後、同中学校を3年間指導。退職後、全国各地の中学生優秀選手の中から逸材を発掘、育成する貝塚市のバレーボールアカデミー「JVA貝塚ドリームス」(05年結成、12年解散)の監督を務め、現在は和歌山南陵のほか、週1回和歌山市でジュニア、岩出市で中学生を対象にしたバレーボール教室をそれぞれ開いている。
 高校バレーの指揮は14年ぶり。当面は個々の基礎技術向上に取り組み、チーム力を高めていく。ほかのスタッフは元バレーボール選手の辻本紳太郎さんが顧問、元ジュニアバレーボール監督の高田泰男さんがコーチ。技術以外にも礼儀、コート内での態度やマナーといった人間性の育成に取り組んでいく。
 郭監督は「小柄な選手ばかりなので、まずは運動能力を高め、拾って粘り強く戦えるチームにしたい。一人一人光るものがあり、楽しみです。能力を伸ばし、目標の県大会優勝へ花を咲かせたい」と抱負。主将を務める植野選手は「毎日楽しいです。熱心に指導してくださるので期待に応えたい。後輩がたくさん入ってくれるような明るく元気に愛されるチームにしていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. ほんまもんみたいや!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る